離婚に必要な手続き

離婚に必要な手続き

手続き離婚には様々な手続きが必要になります。緑の紙という別名をもつ離婚届を提出するのはもちろんの事、他の手続きで離婚受理証明書が必要な場合には、離婚届を提出する時に離婚受理証明書を取得しておく必要があります。また離婚の際には配偶者であった場合には、戸籍の移動を行わなければいけませんし、銀行などを旧姓に戻す必要も出てきます。

合わせて必要になってくるが国民年金や国民健康保険への加入手続きになります。離婚した後の状態が無職や自営業になる場合には、必ず手続きを行わなければなりません。国民年金の変更手続きには、離婚届受理証明書が必要になりますし、国民健康保険の加入手続きにも離婚届受理証明書が必要なのはもちろんの事、健康保険資格喪失証明書などが必要になります。健康保険資格喪失証明書は、離婚した相手の会社から発行してもらう必要があります

これ以外にも運転免許証の氏名や住所変更、パスポートの氏名変更、住民票の異動届、印鑑登録の変更など様々の変更手続きがあります。離婚した後で、精神的な余裕がない場合も多いので、出来れば、離婚する前に必要な手続きなどを表にしておいて、上から順番に手続きを行い、漏れがないようにする事をおすすめします。

離婚する手段

離婚する手段

離婚は結婚以上に面倒な作業になります。気持ちの持って生き方はもちろんなのですが、片方が離婚したくない場合には、パートナーを離婚する事に納得してもらわなければいけません。離婚は基本的に二人で行う物ですので一人では出来ないからです。

離婚離婚の90パーセントは協議離婚という方法で行われます協議離婚は、当人同士で話し合い離婚する方法です。共有財産や親権、養育費など第三者を入れることなく話し合いが成立すれば協議離婚によって離婚ができます。

どちらかが離婚に同意しなかったり、財産分与や慰謝料などに不満を持っている場合には、調停離婚の段階に移ります。調停離婚は、当人同士だけでなく、調停委員を通して離婚するのか、するとしたら離婚の条件はどのようにするのかを話し合う方法です。

調停離婚でも双方が納得いかないような場合には、弁護士へ離婚の相談をして裁判離婚になります。一般的な裁判のように原告と被告に分かれて離婚を行う方法で、当人同士の手から離れて裁判官の判断にゆだねるタイプの離婚になります。途中で和解勧告などがありますので最後まで行かないケースが殆どですが、どうしても離婚出来ないような場合には、最終的に裁判離婚まで行かなければ離婚出来ない可能性がある事を覚えておいてください。

離婚の理由

離婚の理由

あんなに愛し合っていた二人なのにどうして離婚をしなければいけない状況になるのか疑問に思われる方も多いと思います。夫婦の形はそれぞれですので離婚する理由も夫婦の数だけあるとも言えますが、こちらでは、離婚する理由の中でも多い物をご紹介します。

離婚の理由で最も多いのは浮気や不倫です。結婚相手が自分以外の異性と身体の関係という、いわゆる不貞行為を行った場合には、離婚できる可能性が高くなります。もし家庭内別居をしていたりなど夫婦仲が破綻している状態の場合には、離婚が認められない判例もありますので無条件で離婚できるといった物ではありません。

次に多いのが悪意の遺棄という物です。例えば、理由もなく相手の両親などとの同居を拒んだり、結婚相手よりも自分だけが良い生活をしている場合には離婚が成立する可能性があります。また、子供がいるのにも関わらず生活資金をおかずにパートナーが自宅を出て育児放棄をした場合にも離婚が認められるケースがあります。他にも結婚相手が三年以上生死不明の状態が続いていたり、結婚相手が重度の精神病にかかってしまっているような場合にも離婚が成立する可能性があります。離婚は双方の同意が必要になりますので簡単な物ではないという事です。

珍しくない離婚

珍しくない離婚

離婚結婚は、愛し合う二人がこれからの生涯を一緒になって暮らしていく事です。健やかなる時も病める時もなど、協会での結婚式の決まり文句があるように、いついかなる時も二人で手を取り合って生活して行くのが結婚になります。しかし、2016年現在においては、結婚してそのまま人生を終える人ばかりではありません。様々なトラブルであったり、心情の変化、気持ちのすれ違いなどによって結婚生活をまっとうできない夫婦が増えています。そういった方々は結婚生活を取りやめる離婚を行う事になります。

以前は離婚とは珍しい物だったこともありましたが、現在では、三組に一組の夫婦が離婚してしまっている状況ですので、離婚やシングルマザー、シングルファーザーが珍しいといった時代でもなくなってしまいました。そのため、もしかしたら現在ラブラブの夫婦だったとしても今後もしかしたら離婚する事があり得るかも知れません。現に30パーセント以上の方が離婚をしていますし、50パーセント近い方が浮気をしているといった統計もでています

そこでこちらのページでは、既に離婚を考えて情報収集している方や、現在は離婚を考えていないけれども、いざ離婚となった時の為に必要な情報を収集しておきたい方のためにおすすめの情報をまとめてみました。このページで紹介している内容は、どれも簡単な物ばかり離婚を行う上で最低限知っておいて欲しい事ばかりですので、お時間のある時でも構いませんので、必ず目を通すようにしてください。

Top